「世界遺産・史跡・名所」カテゴリーアーカイブ

白内障の手術も残された左目の方が済んで二週間。点眼しつつ養生するも大事、手術後の目をソコソコ使ってみるも必要かと散策、折角だから京都市内。スマホで撮影、慣れないタイトル無しでツイート

白内障の手術も残された左目の方が済んで二週間

何と無く落着いて来た感じはしますが、当分の間の目薬の点眼は続きます

さて点眼しつつ大事に養生するのも大事でしょうが一方、手術後の目の周りの筋肉(よくは分かりません・・適当なんです・・)をソコソコ動かし使ってみるのも必要かと・・外歩きを・・折角だからと京都市内を一歩二歩・・

万歩計は有りませんが、ざっと数万歩? 但し、ゆっくりペースにて。

駅までの往復も含めると5~6時間くらい

白内障手術の直前までは弱り行く視力、パソコンとの睨めっこで疲れ切った目の保養にと後ろ向きな気持ちの中でのハイキングサイクリングでした

昨日は眼科クリニックの夏休み連休明け最初の診察あり、特別に異常なし故に京都市内に出かけ、極く普通に手術後の両眼を使ってみた

特に遠方は良く見えてました。 術前には視界が徐々に悪化して行く状態に精神的にもマイってしまって純粋の視力の悪さ気持ちの暗さも加わって余計に視界が気になっていたものです

運転免許更新が近づいておりますが、この視力で落とされることはナカンベ!とエラク強気で望めそうです。

確かに近くの活字を読んだりノートブックPCのディスプレイ相手ではメガネの助けを・・この場合も結構、微調整不要で自由度が高いですね。

以前に急に使えなくなった100均老眼鏡が沢山あります。 術前はすべて「使用不可」状態で大枚をはたいて特注眼鏡で対応し、不要100円メガネは処分するが億劫で残ってました。

恐らくは100均老眼鏡も徐々に度数が上がり個数が増えて行ったんでしょう・・・これが結構な割合で使えちゃったり・・・

使えた100円分 x OKとなった個数 = 数百円ゲット・・・使用済み超安価メガネですが吾輩が使用していたものなので気にしな~い。

こんな形で儲かっちゃた

勝手に判断ですが、パソコン画面凝視でも従来のような視力悪化は抑えられる? これホント? それとも間違い?

昨日の京都市内ウォーキング?で通常視界は問題無し

運動不足気味からの糖尿病・高血圧症も幾分は和らげられた?


それと、もう一つ

従来はブログ投稿もツイッター投稿も、折角のコンテンツ投稿ならと各タイトルを長い目にしてアップしていました。 タイトルおよびコンテンツ共に単語数を増やしたい気持ちもあって・・・

なかなか短いタイトルに挑戦!なる勇気が・・湧かなかった感じでしたね

実は昨日の京都市内ウォーキングでは「短いタイトル」に挑戦しました

振り返ってみれば下記のようにブログ6サイトツイッター3サイトでは多数のアップロード件数を数えますが殆どは長いタイトルでした


PR自運営ブログだけで6サイト、それらの投稿件数も今では相当な記事数に達している筈との認識は有りました。先日、思い切って調べてみたら投稿済み記事数合計4020件!続いた次第~まだ続きます


PR一昨日は運営ブログ群の投稿記事件数計4020件と知る。ならばと今日は運営ツイッター群つぶやき=ツイート件数計2468件ナリ!主役のホームページ群の補足役ながら合計6488件もアップ済み


今回、次のツイッターにて「短いタイトル」に挑戦?ついでにタイトル無しに敢えて挑戦

https://twitter.com/s3i1g5/
(ソフト工務店)エネシスポート~高血圧~ソフト開発、住宅リフォーム、旅・宿・温泉・観光・飲食等
感じたこと徒然なるまま綴ったりデジカメ向けたり、他愛もないメモ・備忘録・写真を。姉妹サイト群は多く堅苦しさが?自己流の高血圧症対応やユーモアセンスの一つでも身につけたいと

実は Twitter でツイートする際、添付画像イメージをスマホのデジカメで撮影してタイトル付与が少々面倒くさく感じたしだい。

試しにタイトル無しでのツイートで如何なる雰囲気に?
見ての通り・・・下記ツイートほか


日本一標高の富士山山頂に立ち火口周り[お鉢巡り]も~海抜3776mとは生まれる前から聞いていたような錯覚も。滋賀県の琵琶湖大橋の最高地点は海抜でなく「湖」抜で何m?基準は湖面PR?

富士登山_20090812 タイム・チャート

日本最高峰富士山剣ヶ峰日本最高峰富士山剣ヶ峰

国土地理院の三角点
国土地理院の三角点、海抜3776メートル


琵琶湖大橋、最高地点
琵琶湖大橋 (滋賀県) 最高地点
此処は一般的な地点では無い!海抜で表わすのは無神経
湖抜」とかの表現方法が有ればなぁ~
一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)
~大原の里(大原三千院・寂光院)~琵琶湖大橋

後日、サイクリングで反対側歩道を通る
国道477号線~琵琶湖大橋を経由してのサイクリング

滋賀県、日本一の琵琶湖に架かる【琵琶湖大橋有料道路】を渡る

滋賀県日本一の琵琶湖に架かる【琵琶湖大橋有料道路】を渡る


昨日は某キーワードでのネット検索で遂に検索結果の上位にランクインを確認、嬉しかった!膨大な「富士登山」関連コンテンツ集の中で客観的には何の変哲も無い我がサイトが姉妹サイト群の協力で

姉妹ブログに昨夜、次の記事を投稿しました。

キーワード「富士登山写真アルバム」他で検索し検索結果に現れたり認知度上昇。注力してもナカナカで正直、諦めてた次第。今に現れる現象は悪い気はしない!姉妹サイト群のチームワークのお陰

以前には、当然?他の姉妹サイト群と同様な感覚でネット上での認知度も・・これだけコンテンツを精力的に収集してサイト構築作業をしたのだから・・スグサマ上位表示になろうかと期待しつつも意に反して?当然ながら?も認知度は低空飛行ばかり・・でした。

まとめてアップし外見上は仕上がった、コンテンツ量も十分、何と言っても天下の名山「標高日本一で美し過ぎる富士山」をテーマにしたからには注目の的のハズだった・・
数年後には世界文化遺産にも登録となり、その”箔”もちゃっかり宣伝?する等して来たのに・・・とほほ

手を変え品を変えて試行錯誤を繰り返すも一向に上位表示には至らずに遂に上昇期待を諦めていたのですが・・・

昨日、久し振りの某キーワード検索で・・・上位表示だった!

富士登山_20090812 写真アルバム集 ~ 後に「世界文化遺産」に登録され …
fujisan.enesysport.jp/fujitozan-album.html

・・・・・・・・・・

嬉しかった! あれほど期待しつつ叶わずの次のサイトが遂に日の目を見る事になろうとは・・・尤も、連携プレー?で運営中の多くの姉妹サイト群さらには夫々に含まれる多数の運営ページ群からの案内リンクでの知名度??認知度UPに依るところが大きいのは確かなんです。

「富士登山」サイト
「富士登山」サイト

富士登山_20090812 タイム・チャート

単独での運営サイトならば、同様な「富士登山」コンテンツは、毎日にわたり数知れない関連コンテンツがネット界にアップロードされ、失礼ながら情報過多・情報氾濫・・本当に失礼な表現・・(神様・ネットワールド様・仏様に御免なさい!)我が運営サイトの存在なんて~~

協力しつつ継続・・・が遂に望む好ましい結果となった次第、嬉しい!

ところで姉妹ブログに投稿した上記の記事を書き出した時点での記すトピックの一つに、ちょうど9年前2009/08/12に世界文化遺産に登録なる前でしたが富士登山を体験していた件でした。

アップし終えて若干の時間経過後に記載し忘れたことに気付く・・・

おっちょこちょい!ですまされてイイものか・・・常なる事とは言え・・・


折角だからと富士山頂の火口周り、「お鉢巡り」を楽しむことにしました
好天気の日、下界から眺める富士山の姿・形とは打って変わった
活火山の富士山の本当の姿を!そして日本一の高さからの絶景

登り始めはスッキリしない曇り空、近くに有るハズの富士山は見えない
やがて、その覆った雲は眼下に・・「雲上の人」になった錯覚、失礼!
全体で300枚以上もデジカメで撮りまくった。正味1時間は撮影に費やす

カメラを向ける時間が勿体無い気もする・・が、今後も長いこと思い出の友になるハズ


前夜は想定外に思惑外れての給油所探し、もう一つ間違えば富士登山を
諦めざるを得なかった。 でもスタート後は軽装故にトントン拍子に此処まで来たもんだ
残すは楽な下りを下山するのみ。 楽勝のハズが・・神様に仏様は見ていた

最終的には助けて下さった


バッテリー切れ この時点で数多くの写真を撮ってきたデジカメのバッテリーが干上がる
残念ながら、下山時のデジカメ撮影はココまで
足を負傷 軽装、登山靴なし、杖なしで殆ど休み無し。シューズで「砂走り」の砂利道を勢い下るのは
足の付け根にかかる負担が大きすぎた。追い越していたのが急にダウン。
追い越されて行くが足を進めるのが苦痛。
瞬きも抑えて先頭の
僅かな照明、後尾の
歩き方をイメージして
一時は野宿も考えた・・夏場だし夜間も寒くは無さそう・・でも、夜明けまで時間が長いし
明日も傷みが引く訳では無いし・・
進んで行って山小屋へ。照明を買い求めようと思うも在庫無しとの素っ気ない返事
やがて大人男性2人に小学生らしき2人の4人グループに、何とかお願いして加わる
真っ暗な中、狭い山道の木々や石ころのデコボコ・段差・曲がりくねった下り坂を進む
計5人の明かりは先頭の大人の小さなヘッドランプのみ、間に子供さん二人を挟み別の
大人が・・その最後尾を微かな照明を頼りに前に進んで行く4人のコースを目を凝らして
イメージに焼き付ける・・
須走口五合目に・・負傷した足を、その間ずっと傷み続けた始末・・後遺症が3年程。
子供さんに何かと・・お礼を兼ねて・・・懐中電灯・ヘッドランプ代の分を・・
残り少ない人生で
最大の危険な場面
僅か3~4秒ほどのアクシデント、結果的には全てが加減良くおさまったせいでしょう
一つでも都合が悪ければ、先程までの足の負傷どころでは無かったハズ。 不思議!

いろいろ予期せぬ体験が有った我が「富士登山」の一コマ、二コマ・・・を収録した写真アルバム集です

  富士登山(タイム・データ、タイムデータ、時間経過、タイムリスト)は此処をクリック~Click!

 

昔むかし里山に野苺を見つけ毒蛇「ハブ」に襲われる恐怖の中、甘い野生の野イチゴを食ったとさ・・昔話風も実体験なり!以前のハイキング「京都、JR円町駅~大原の里~琵琶湖大橋」の際に道端に

苺(イチゴ)の思い出・・・他

今は何処のスーパーストアでも殆ど年中の感じで「いちご」がパック売りされています・・・市場を見極めつつ温度コントロールされたハウス栽培による収穫物でしょう

先ず綺麗に美しく、時には可愛らしく見えます
恐らくは生産者の狙いの一つには見た目で「美味しそう」「旨そう」「値打ち有りそう」と感じられるように品種や栽培方法をとられているのでしょう

それに加えて大きさや色合い等、不揃いにならぬように・・・
パック当たりの単価をアップさせよう・・・と

上記の写真イメージファイルは次の、ソフト工務店エネシスポート WEB担当者の「写真・フォトアルバム・スライドショー」の

ソフト工務店エネシスポート WEB担当者の「写真・フォトアルバム・スライドショー」

写真アルバム
一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)~大原の里(大原三千院・寂光院)~琵琶湖大橋

から1枚の写真から切り抜いたもの・・・少しでも野イチゴをクローズアップしながら生育環境も・・・並々ならぬ思い?で試行錯誤の末に切り抜き範囲を決めちゃった次第

野イチゴ
道端には野イチゴが・・実の粒は極小・・大きくなる種だろうか
昔は毒ヘビのハブを気にしながら野イチゴを食べたことも・・
生まれ故郷の徳之島、育った奄美大島では此の雰囲気の草むらにハブが・・


(参考) インターネットの世界で多目のWEBサイトを運営中、BLOG限定でも数サイト!他の殆どのサイトさんと区別出来るのはサトウキビ等の南国?奄美群島(奄美大島・徳之島ほか)の風土・歴史にまつわる・・

懐かしい思い出~徳之島・奄美大島

懐かしい思い出~徳之島・奄美大島


写真の野イチゴより何倍も大きな野苺で本当に甘かった・・・僅かな量を毒蛇の「ハブ」に襲われる恐怖を感じつつ・・・最も飛び掛かって来そうな藪の中に見つけて・・・


益子焼(栃木県芳賀郡益子町)で有名な益子町、真岡市を散策 から

上左・・ 益子焼
上右・・ 益子町内を散策
下左・・ 益子駅 (栃木県芳賀郡益子町 真岡鐵道真岡線)
下右・・ ようこそ いちご生産 日本一 二宮尊徳 ゆかりの地へ
二宮尊徳 = 二宮金次郎  真岡市の二宮地域はストロベリータウン

 

少なからず職場旅行やドライブにJRの”青春18きっぷの旅”で訪れたことが有る懐かしい思い出の地で自然災害が続いています。自然の成せることとは言え早く収まって欲しいものです

自然災害が続いています

直近でも山陰地方で起きた大きな揺れの地震
先日の大分県中津市耶馬渓町での大規模な土砂崩れ・・・

早くおさまって欲しいし被災の度合いも小さく済んでいて欲しい

少なからず、職場旅行やドライブやJRの”青春18きっぷの旅”で訪れたことが有ります

それらの旅の際は、特に大きな自然災害による影響は無く旅そのものは楽しめた次第

コース上で不通になったり、スグ近くで自然災害が発生した地区を通るなら決して万々歳の思い出の旅にはならないでしょう

早く収拾して・・・

実は「耶馬渓(やばけい)」には一度だけ見物にドライブで行ったことが有ります。 ただ、どういうコースでドライブしたかを含めて記憶が・・
あの雄大で圧倒的な阿蘇外輪をドライブした時だろうか?


昔むかし若い頃が有ったとさ小生にも。不思議だなぁ〜いつの間にか後戻り出来ない高齢になってしまった!あの頃が懐かしく・・

福島県・宮城県・熊本県・大分県の温泉・宿ほか ネット旅サイト ~ リンク特集 の御案内

熊本地震よりの震災復興が進むよう願っております。私にとりエポック的な「思い出の旅」エリア:熊本県 阿蘇山

一周・ほぼ一回り・半周なる形で富士山火口「お鉢巡り」・四国・淡路島・小豆島・琵琶湖・牡鹿半島・阿蘇外輪山・桜島・阿蘇海・徳之島


耶馬渓見物で感じたもの・・・自然の造り出す渓谷・・・故郷・奄美には無かったなぁ~山は有ったが・・・

実は福島県の大内宿に立ち寄ったことが有りますが近くの「塔のへつり」も似た渓谷美

自然が織り成す渓谷を他にも・・・

吹割の滝
吹割の滝

HONDAスーパーカブ生産1億台、凄いですね。少ないながら思い出あり。あの時のあの1台も歴史を作っていたんですね。埼玉県狭山市、寄居町、長瀞町、小川町さん・・御無沙汰しております

埼玉県秩父郡長瀞にて、長瀞ライン下り・岩畳・長瀞船玉まつり。近くで口にした「きゅうり浅漬け」がとても美味しかった

埼玉県秩父郡長瀞町の長瀞渓谷

CIMG0590

秩父鉄道 長瀞駅


おっとっと・・・漏らしたら地元・亀岡市関係者様に怒られてしまいそう

何を隠そう・・・「保津川下り」で有名な保津渓谷でゴザイマス

保津川(桂川)・清滝川をハイキング 渓谷美を楽しむハイカーも大勢


お次の川下り船が、こちらもたのしそうですよ
何処からお越しくださったんでしょうか


トロッコ保津峡駅 横を「保津川下り」が・・


そうこうしていると、また又「保津川下り」がやって来ました


こうして思い出を辿る・・・思い出の地で自然の災いが起こらんことを・・・

 

第1弾)無趣味の小生が世界遺産登録前に富士登山!雲上の人に?火口一周[お鉢巡り]も。軽装登山故の下山時に負傷で後遺症。更にアクシデントに遭遇も運よく生還!思い出コメントを抜粋~1

思い出多い富士登山でした・・後に世界文化遺産にも登録なる
“箔”がついたと喜んで良いやら、シンプルな自然?な呼称が・・

富士登山_20090812 タイム・チャート(スケジュール) ~ 後に「世界文化遺産」に登録された日本一の標高、富士山に登る、火口一周「お鉢巡り」も

より一部のコメントを抜粋して再掲

富士登山道須走口 ふじあざみラインの標識を確認して近くのコンビニで飲食品を求め・・・車中泊とは言え、前夜の長時間にわたる給油所探しで疲れ切ったせいか珍しくグッスリと・・仮眠を・・全体的にはドライブ疲れ有るも・・
折角だからと富士山頂の火口周り、「お鉢巡り」を楽しむことにしました。好天気の日、下界から眺める富士山の姿・形とは打って変わった活火山の富士山の本当の姿を!そして日本一の高さからの絶景。 登り始めはスッキリしない曇り空、近くに有るハズの富士山は見えない。 やがて、その覆った雲は眼下に・・「雲上の人」になった錯覚、失礼!
全体で300枚以上もデジカメで撮りまくった。正味1時間は撮影に費やす。カメラを向ける時間が勿体無い気もする・・が、今後も長いこと思い出の友になるハズ
前夜は想定外に思惑外れての給油所探し、もう一つ間違えば富士登山を諦めざるを得なかった。でもスタート後は軽装故にトントン拍子に此処まで来たもんだ。残すは楽な下りを下山するのみ。楽勝のハズが・・神様に仏様は見ていた。最終的には助けて下さった!
バッテリー切れ この時点で数多くの写真を撮ってきたデジカメのバッテリーが干上がる。残念ながら、下山時のデジカメ撮影はココまで
足を負傷 軽装、登山靴なし、杖なしで殆ど休み無し。シューズで「砂走り」の砂利道を勢い下るのは足の付け根にかかる負担が大きすぎた。追い越していたのが急にダウン。
追い越されて行くが足を進めるのが苦痛。
瞬きも抑えて先頭の僅かな照明、後尾の歩き方をイメージして 一時は野宿も考えた・・夏場だし夜間も寒くは無さそう・・でも、夜明けまで時間が長いし明日も傷みが引く訳では無いし・・進んで行って山小屋へ。照明を買い求めようと思うも在庫無しとの素っ気ない返事。やがて大人男性2人に小学生らしき2人の4人グループに、何とかお願いして加わる
真っ暗な中、狭い山道の木々や石ころのデコボコ・段差・曲がりくねった下り坂を進む。計5人の明かりは先頭の大人の小さなヘッドランプのみ、間に子供さん二人を挟み別の大人が・・その最後尾を微かな照明を頼りに前に進んで行く4人のコースを目を凝らしてイメージに焼き付ける・・
須走口五合目に・・負傷した足を、その間ずっと傷み続けた始末・・後遺症が3年程。子供さんに何かと・・お礼を兼ねて・・・懐中電灯・ヘッドランプ代の分を・・
残り少ない人生で最大の危険な場面 僅か3~4秒ほどのアクシデント、結果的には全てが加減良くおさまったせいでしょう。一つでも都合が悪ければ、先程までの足の負傷どころでは無かったハズ。 不思議!
須走ルートの下山道は砂利道の連続、「砂走り」 ここら辺から足に異常を感じ楽観から悲観に

思い出の地をネットで想う~「ネット=NET」で想う「懐かしき郷愁の地」

尾瀬をハイキングした日も有りました。最小限の手入れで自然のまま自然を残し自然を楽しむ!人工的・人造的な建造物とは趣きが違う・・今のままでいて下さいネ。

尾瀬ハイキング

尾瀬ハイキング

尾瀬ハイキング

(参考) 写真アルバム

尾瀬ハイキング 2006-09-23
時季により景色が自然が織りなす風景
保たれ養生された自然の沼地をハイキング、尾瀬沼の自然を自然に歩く

車中泊
ドライブ
ハイキング
サイクリング
世界遺産
富士登山
ネット旅・エコ旅NET・青春18きっぷの旅、高血圧症よ一時停止!ECO一人旅

 

明日は「山の日」、因みまして「富士登山」特集?世界文化遺産登録前で箔無しの真に自然な姿の富士山に登頂。ガス欠寸前・後遺症・危機迫るアクシデントの3重苦の試練を与えて下さった

明日は「山の日」 因みまして「富士登山」特集

昨日は祝日制定後で初の「山の日」、7年前の8/11に富士登山に向かい翌日8/12に富士山登頂成功!マスコミは報道せぬが自身にはエベレスト級?


無事?に駐車も出来て「富士山須走口五合目 標高2000m」地点

いざ、富士登山スタート


祝日「山の日」を見通し?いいえ、神様・仏様のお導きで「山 の日」に富士登山を

より抜粋再掲・・・
あれは7年前の今日?8月11日
7年前のその日は祝日ではナカッタ
・・・

特別編(世界文化遺産)富士山 ”山の日”に因み富士登山の旅、ネット公開写真から抜粋。ネットで思い出を旅する


富士登山 Pickup  2009-08-12 (お気に入り抜粋)

富士登山 (富士山) 2009-08-12 その1
(前半)

富士登山 (富士山) 2009-08-12 その2
(後半)

お鉢巡り、富士山の火口周り(お鉢めぐり)

富士登山_20090812 メモ・Memo  タイム・チャート (スケジュール)
富士登山_20090812 タイム・チャート
サイトより
富士登山_20090812 タイム・チャート(スケジュール)

富士登山 写真アルバム (全部)

富士登山 写真スライド-1

富士登山 写真スライド-2

     富士山上の火口周辺を一周・・「お鉢巡り」  

須走ルート

富士山・・・富士登山サイト

富士山・・・富士登山サイト
富士山・・・富士登山サイト
富士山・・・富士登山サイト

■富士登山サイト■

古都・京都、八坂神社の祭礼で祇園祭が・・山鉾巡行の前祭(さきまつり)巡行は7月17日とか。鉾建てが始まったらしい。詳しくは知りませんが下の写真みたいに建てるのかな?

古都・京都、八坂神社の祭礼で祇園祭が・・
山鉾巡行の前祭(さきまつり)巡行は7月17日とか
鉾建てが始まったらしい
詳しくは知りませんが下の写真みたいに建てるのかな?

祇園祭(ぎおんまつり)の準備中(京都市内、四条通にて)

琵琶湖一周サイクリング 2014-07-12 (びわ湖)

僅かな仮眠、実質「0泊2日」2日目は終日の雨「ビワイチびわいち

亀岡市を早朝に出発して先ずは京都市内を通過して滋賀県の大津市へ。そこから琵琶湖を一周して京都市経由、亀岡市まで

上の建て方は京都市の一番の繁華街、四条烏丸~四条河原町の四条通を自転車で通りかかった際に記念に・・・