「デジタル」カテゴリーアーカイブ

ネットサーフィンで先程、見つける「日本経済新聞電子版」にて・・富士電機がマスク専用の自動販売機を売り出したとか。あまりの素早さに驚く?感心?さすが?やっぱり?コロナ禍の長期化を予想?

ネットサーフィンしていて先程、見つけました
日本経済新聞 電子版」にて・・・

富士電機がマスク専用の自動販売機を売り出したとか

あまりの素早さに驚く?感心?さすが?やっぱり?

新型コロナウイルス禍の長期化+生活スタイルの微妙な変化で?

考えられない訳では無いが・・そこ迄のイメージは浮かばなかった

メーカーの富士電機と言えば、今でも自販機シェアは5割ほども・・

あの有名・巨大企業の「富士通」さんの親会社だったんでは?

少しは関心も・・以前は有りましたね

もう40年少し前に、恐らくは一般市場に自販機登場の頃でしょうか

オモシロイ商売のスタイルが出て来たもんだと・・・成算は?

当時は勿論、缶入り飲料水オンリー

かなり年数が経ってからコーヒーよりは”お茶“派の私は、お茶の自動販売機が有れば値打ち感から購入する事も多かろうに・・・と

見事、お茶も自動販売となったゾ・・今では、缶入り+ペットボトル入りと多種多様・・・

続々と各種の飲料自販機が・・・街中の至る所に設置されています

その約50%のメーカー・シェアだって・・・凄いなぁ~

そこは先手必勝? でも自動化技術や生産技術や資本や市場調査などの総合力が必要になって来るでしょう

一昔前、日本の電子計算機が勢いを増しつつ有った頃に富士通の電子計算機製造工場を工場見学してビックリ、いきなりの大型製造工場を見学したものだから・・
(その直後くらいだったか? 今度は、東芝の当時の電子計算機も担当していた工場での工場実習も・・・)

それから数年して黎明期の自動販売機との遭遇! そのメーカー:富士電機が日の出の勢いの富士通の親会社と知り意外性を感じたり、ナルホドと納得したり・・・

自販機登場の頃は正直、そんな機械相手に買って飲む人っているの?
との印象でしたが驚異的な市場拡大でゴザイマスね。 拍手喝采!

その後、色んな新製品便利ソフトツールが世の中に現れた!

やがては自動運転車がやって来る、当面は高価な代物でも基本的にはハード面ではシンプル化、重要なコア部分はソフト+検知デバイスなので市場の拡大に連れ急激なコストダウンにも?

我がのままで終わってしまうのは確定的なれど夢を持つのは全国民、否 地球上の全ての人々に共通に許された権利?

なれば夢を語ろう! あのネ

自動運転車を駆り出して移動中にリモートワークしつつ全国の観光地・自然の景観美を愛でつつ旅をする = 旅しながら移動オフィス風ライフ

若い人よ! おっちゃん? NO 爺様は羨ましいよ!


現在 運営中のサイトグループにつながる初期の頃、次の2点
ホームページブログスタートとなるWEBサイトでした。
統合版メイン・サイト 2013/08/07 公開
統合版メイン・サイト
ホームページ
店長ブログ (ソフト工務店エネシスポート) 2013/08/11 公開
店長ブログ
(ソフト工務店エネシスポート)


2020/05/22
現在 の運営WEBサイト群に更新・・並びも一部変更して

サイト群紹介
サイト
(統合版)メイン
ホームページ
屋根外壁(屋根壁)
[やねかべポート
]
旅ネット・ネット旅
NET
サイト
旅の宿・
旅宿サイト
世界遺産)富士山
富士登山
サイト
青春18きっぷ
サイト
仁和寺霊場
めぐり
サイト
写真アルバム集
サイト
住まい・暮らし・
生活
サイト
リンク集サイト
旅・宿・飲・食・住
システム・ソフト
受託開発
サイト
リンク集~旅・宿
・飲食ブログ
京都Myサイト集 京都Myサイト集 ZEH住宅サイト
メイン・ブログ
(店長ブログ)
サイト拾い読み
ブログ
フィールドワーク
(field work)ブログ
写真アルバム
ブログ
リンク集~旅・宿
・飲食ブログ
運営サイト群
協同PRブログ
(独自ドメイン )
BLOG -1-ぶろぐ

(独自ドメイン )
BLOG -2-ぶろぐ
スマホ版サイト   (独自ドメイン )
旅・観光備忘録集
YouTube_1_
_2_  _3_
 やや公的
Twitterサイト
やや私的
Twitter
サイト
やや中立
Twitter
サイト

新規サイト【近畿Myサイト集】立ち上げたばかり。キーワード[滋賀県PRページ]でネット検索結果に守山市のコラボ企画【ビワイチ・アワイチで共同PR】~サイクリングで琵琶湖一周+淡路島一周の思い出

つい先日(2019/04/13)、久し振りに新規サイトを立ち上げました

実は零細企業ながらWEB担当者(何でも担当を担わないと成り立たない事情も有って・・)が、たった一人で次のリンク先ページにて御案内の全てのサイト集で~構想・企画構築運営・運用 + 評価採点
(メンテナンスに加えて将来にわたってのコンテンツ充実に向けての新規投稿・ネット認知度確認など諸々のステップ)を担当しております。

(ソフト工務店) エネシスポート 運営WEBサイト集
~オーソドックスで網羅的な運営サイト群の御案内

(ソフト工務店) エネシスポート 運営WEBサイト集~オーソドックスで網羅的な運営サイト群の御案内 運営中の独自ドメイン

enesysport.jp

enesysport.jp必要に応じサイト区分の為 soft yane-kabe
smile-life net-tabi tabi-yado photo link-site co-sites
seishun18 fujisan ninnaji88
kyoto kinki
wp sites-info blog album link pr
前後に付して
サブドメインとしてのURLにしております[独自ドメイン]
Twitter, Youtube, Facebook 以外の運営サイトの全ドメイン名.jp付与
即ち日本向け日本国内で管理されているドメイン名だと認識


従来は実体験的コンテンツを多く収録したいが為にSOHO近郊、とりわけ隣接の京都市内を中心に京都府内のコンテンツが圧倒的に多い。

多くの姉妹サイト群に次の「京都Myサイト集」を既に立上げていて注力して来たせいかマイサイト集】【京都サイト集などでのキーワード検索にて上位表示をキープしている状況なんです←PR!
(但し、表示ランクは変動アリ・・圏外も。 悪しからず・・・)

京都Myサイト集~ネットで再び思い出旅~京都いろいろ+番外編?集合~Myネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]ほか (京都・亀岡市) 京都Myサイト集~京都いろいろ+番外編?集合~京都Myネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]ネットで再び思い出旅ほかBLOGも

ローカルな飲食店紹介情報から[システム開発・ソフト制作]&[住宅リフォーム・省エネ・創エネ]PR情報+エリア限定無し-年中無休24Hネット公開の思い出備忘録・・[ソフト工務店]エネシスポート(京都府亀岡市)

今回、趣向を幾分見直しSOHO所在地近郊の 近畿府県
[滋賀+京都+大阪+奈良] = 京滋阪奈近畿PR情報サイト を立ち上げました・・・近畿PR情報サイト を目指しますが、従来の多くのサイト群とは運営趣旨のニュアンスも幾らか異なりますのでマイペース気長に構えて参ります。
途中でギブアップしない様にモチベーションの維持・向上には努めて参りたいものだと・・・滋賀県をはじめ他の収録対象エリアにお住いの方+当該府県に御関心や御関係がお有りの方々・・どうぞ宜しく!ネ

近畿Myサイト集~近畿4府県[滋賀県+京都府+大阪府+奈良県]
京滋・阪奈PR情報=いろいろコンテンツ集~不動産土地

近畿Myサイト集~京滋・阪奈PR情報=近畿4府県[滋賀+京都+大阪+奈良]各府県いろいろコンテンツ集~ローカルな飲食+カフェ喫茶店PR等ほか気になる不動産サイト・ページ・リンク[site,page,link]集 近畿Myサイト集~近畿4府県[滋賀+京都+大阪+奈良]
京滋・阪奈PR情報=いろいろコンテンツ集不動産[戸建住宅・マンション(新築・建替・分譲・リフォーム)・土地]サイト・ページ・リンク[site,page,link]集~ローカルな飲食店・料理店+カフェ喫茶店PR等・・[ソフト工務店]エネシスポート(京都府亀岡市)

どうぞよろしくお願いいたします

そんな こんな で先程 滋賀県・琵琶湖サイクリングに関わるキーワードでネット検索して見ましたら、検索結果に次なるページに係る項目が・・


ビワイチ・アワイチで共同PRを開始! – 滋賀県守山市役所
https://www.city.moriyama.lg.jp/chiikishinko/biwaichiawaichi.html


因みに上の情報ページ への直接のLINK張りは避けますが・・滋賀県
守山市ホームページTOP辺りのサイト内検索で【ビワイチ・アワイチ】にて
或いは閲覧途中で何となく分かってくるかも? 又は上のURLで検索して見られても・・・


実は今回新設のサイト
近畿Myサイト集近畿4府県[滋賀+京都+大阪+奈良]
京滋・阪奈PR情報=いろいろコンテンツ集』には、滋賀県と言えば
勿論のこと「びわ湖」・・”琵琶湖“を語らずして滋賀県内に立ち入り禁止措置をとられても文句は言えそうにないくらい!超有名なお方でしょう・・そこでニューフェースの(新設)ウェブサイト内コンテンツ対象として真っ先に浮かんで来たのが琵琶湖一周サイクリングの件


先程の共同PRの件、グーグル検索での検索結果から辿ってリンク先ページを見ました

ナルホド! 滋賀県守山市と兵庫県淡路島県民局 2者共同で
ビワイチ】【アワイチの共同PR作戦の一環でPRチラシポスターを作成したそうな・・面白いなぁ~

なんでも琵琶湖」と「淡路島の形が似ているからだと・・言われて改めて見てみるとホンマに似てまんがナ・・99.9%

違うのはの違いだけやんか! お互い”無い“(地面と水面)モノは補いつつ、一番のウリ?一周サイクリング~関西の2大サイクリングルートをPR!

ところで私のビワイチママチャリでのサイクリングでした。
それもファーストフード店での僅かな休憩のみでの二日がかり
所要時間は短時間を狙うでなく真逆の長時間を狙わずして達成

そうそう、先程の共同PRの情報から一番に閃いた?思い出したは・・・
ビワイチ」の お相手「アワイチ」を40年以上も前に体験していた事


参考記事:その頃はサイクリング専用自転車にての四国・淡路島・小豆島サイクリングより先に「兵庫県から~大阪府~京都市~大津市・・琵琶湖西岸・・今津~小浜~天橋立(宮津)の行程でのサイクリング」も・・
新設サイト【近畿Myサイト集】近畿4府県=[滋賀県+京都府+大阪府+奈良県]関連情報発信PR、気になるリンク集を収録。視点・趣向を若干変え可能性を信じて立上げ!気長にマイペースでスタート

昔の写真は皆無に近い。高校時代まで全体写真のみ。自前のカメラは四国サイクリングの頃に?その後の白黒写真は処分済み。今は備忘録にWEBコンテンツにデジカメ撮影して写真を整理活用


当時はサイクリング専用自転車で四国・淡路島・小豆島を周回したものです・・しかも走行距離を稼ごうとの意味合いが強く、ゆっくり見物!なんて程遠いものでした~写真も今では残って無いし・・当時は、まさかディジタル保存可能な時代が到来するなんて・・・余談になりますが実のところ、当時の担当業務はディジタルのハシリの仕事だった!・・・今、振り返ると当時としては先端の事務処理だったがデータ作成は80欄の紙カードの媒体に~その際のデータ化穿孔機器(タイプライター)の制御プログラムは今では歴史的遺産?とも言えるリボン風の紙テープにプログラミングされてましたネ。・・・まさか、まさか今になってインターネットの時代に遭遇するなんて

ネット旅(旅ネット・旅サイト・旅NET・NET旅・一人旅・tabi-net・e-tabi)いい旅 想い出旅 懐かしき ECO旅 の エコ旅サイト

の次の枠内の何れかのページに四国・淡路島・小豆島の記載アリ

上記「ネット旅」サイトのTOPページ
または当該サイト内の次のページにて
ネットで旅路=その他の旅路=WEB担当のネット旅

因みに、滋賀県内をメイン・ターゲットにしたサイクリングは以下の通り

琵琶湖一周サイクリング(びわ湖)
所謂【ビワイチ】+亀岡市~大津市

京都府の宇治・宇治田原、滋賀県の信楽・水口・瀬田~サイクリング

琵琶湖湖岸・瀬田の唐橋(滋賀県)ハイキング・ウォーキング・散策

・一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)~大原の里(大原三千院・寂光院)~琵琶湖大橋

・国道477号線~琵琶湖大橋を経由してのサイクリング


昔むか~し、我にも有ったとさ・・大阪方面より京都経由で琵琶湖に更に日帰りで引っ返した経験が2回ほど・・本人さえ記憶が朧気なれば世界中の誰一人証明してくれないかも。


ところで上述5件のアルバム化済の滋賀県内サイクリング+ハイキング何れもママチャリにて亀岡市を発着地にして・・例えば琵琶湖一周サイクリングの際も当地:亀岡市から京都市を通過してからのビワイチ断行! すでにビワイチ起点到着時には少々お疲れだった様子みたい
更には僅かな休憩での深夜走行も・・・予算計上ムリとの厳命で究極のエコ旅でしたので帰路の京都市を経由しての亀岡市までは長かった!
小生の琵琶湖サイクリングECO旅の二日目は朝から雨が~希少価値


さて橋を渡り湖岸沿いに琵琶湖をサイクリング


写真中心の上部にホンの僅か、小さく小さく顔を出しているのは
彦根城、スグには認識できない?


湖国バス 近江山梨子 バス停


北淡海丸子船の館で雨宿りしようと、一瞬
とても止みそうにない(実際、終日の雨)


ママチャリでサイクリングも傘が必要になるとは・・これは希少価値アリ?
案内板には「びわ湖サイクルライン」 瀬田唐橋から (左回り)108Km

ママチャリで何処まで行くの?と聞かれたような気がした・・
レジャーにかける費用は全然違いますが負け惜しみで・・
費用対効果抜群の楽しみ・体験をゲット出来ているんや!

滋賀県【ビワイチ】~琵琶湖一周サイクリング by ママチャリ =抜粋写真= 滋賀県【ビワイチ】~琵琶湖一周サイクリング by ママチャリ =抜粋写真= 滋賀県【ビワイチ】~琵琶湖一周サイクリング by ママチャリ =抜粋写真=
滋賀県【ビワイチ】~琵琶湖一周サイクリング by ママチャリ =抜粋写真= 滋賀県【ビワイチ】~琵琶湖一周サイクリング by ママチャリ =抜粋写真= 滋賀県【ビワイチ】~琵琶湖一周サイクリング by ママチャリ =抜粋写真=

以上、御覧になられた方・・長々とお疲れ様でした!御苦労さまでした。


御免なさい! 又の追記なんですが・・ 上は【ビワイチ】=びわ湖一周サイクリング の模様をアップしましたが、実は「ビワイチ」との愛称?通称は撮影した写真をアルバム化する段階でネットサーフィンにて知った次第。 そう言えば「ビワコ」の表記方法にも幾通りか有りますし「琵琶湖一周サイクリング」では長い感じも・・うまい具合にまとめたものですネ。

滋賀県内の琵琶湖に面する自治体の多くが守山市
ビワイチ・アワイチで共同PRを開始!

云々みたいなPRを企画しているようです・・・私の場合は亀岡市からの一人参加でしたので当然の様に大津市ビワイチの起点・終点になりましたが琵琶湖一周は周回コース故に何処でもPRに工夫を凝らして頑張って一番を目指す資格が有る筈なんでしょうね?皆さん頑張って!

琵琶湖一周ならば一般的にはスタート・エンドは問わずに琵琶湖大橋を通らずの周回コースでは?小生の場合も然り。 業務上も生活面でもインフラとなっていると察せられる琵琶湖大橋は観光面でもピカ一のネームバリュー!

実は次のハイキングでは琵琶湖大橋の半分ほどまで・・

一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)~大原の里(大原三千院・寂光院)~琵琶湖大橋

抜粋サイト:一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)~大原の里(大原三千院・寂光院)~琵琶湖大橋・・疲れを押して思い切って強行軍決行で思い出は深し!歩きに歩いたヨ、きっと血圧ダウン? (関連記事)

上の関連記事内の写真を一枚・・ここに・・

ここが最高地点! 琵琶湖大橋の展望台にある案内
ここが最高地点! 琵琶湖大橋の展望台にある案内


更に次のサイクリングでは遂に【琵琶湖大橋】で琵琶湖の大海じゃなくて「大湖」を渡った・・オリンピック選手でのお呼びは掛からねど昔で言えば三等賞、今風には銅メダルには値する思い。
因みに二等賞は『富士登山』で一等賞は元より・・挑戦する資格なし。

国道477号線~琵琶湖大橋を経由してのサイクリング

ところで、この際のサイクリングの写真アルバムは上のLINK先にて、関連しての顛末記・雑感を記したブログ記事を下のLINK先にアップ中。

高年齢には難コースに挑戦し思い出+体力確認エコ旅サイクリングで滋賀県一番日本一の琵琶湖へ。疲れ目の保養・運動不足解消・ストレス発散で高血圧症+糖尿病に負けるな!豪雨・台風の爪痕に遭遇

記事内から一部を抜粋して再掲


事前に地図を見ても高度ある山々・・決行はしたものの被災状況を眺めながらの一日目でしたが琵琶湖に行き着く事も出来て湖に架かる【琵琶湖大橋有料道路】の歩道を渡りて写真の琵琶湖大橋料金所横を通りすぎて一安心出来ました。

滋賀県が一番に誇る?日本一の琵琶湖に架かる【琵琶湖大橋有料道路】の琵琶湖大橋料金所 (滋賀県守山市)
滋賀県が一番に誇る?日本一の琵琶湖に架かる【琵琶湖大橋有料道路】の琵琶湖大橋料金所 (滋賀県守山市)

(CM[あの木なんの木・・]をヒントに[此処は何処じゃ・・]と後日ネットで滋賀県守山市に入ったんだと知る)


又もやダラダラと・・長文に化けてしまった! 我ながら呆れています・・・

富士登山_20090812 タイム・チャート
富士登山_20090812 タイム・チャート

 

敢えて「旅」と表現するも殆どは我が「エコ旅・ECO旅・一人旅・ひとり旅」の思い出を備忘録・写真アルバム集兼ねてアップ済み!エコ版コンテンツでもネット上認知度は満足・納得~ミニ考察[四の巻]

さて、此処で今回のサイクリングの写真アルバム公開の件・・・

国道477号線~琵琶湖大橋を経由してのサイクリング
急勾配の峠越えは覚悟するも想定外の台風・豪雨災害状況を目の当たりにして複雑な思い

上の写真アルバムを次の写真アルバム集サイトに公開しました
幾分、複雑な思いも感じたサイクリング旅故に現時点ではデジカメ写真へのコメントはして有りません。 ある面では当ミニ考察シリーズが、その役目を果たすことになりそう。


WEBサイト運営担当がECO旅・エコ旅、一人旅・ひとり旅した
備忘録写真集・・多くの写真アルバムを収録


国道477号線~琵琶湖大橋を経由してのサイクリング

=============== [五の巻] に続く ===================

 

今月9月はスマホの更新月。10月までの2ヶ月の間で手続き済ませば解約手数料は不要とのこと、この約2年半ほど散々に苦しんで来て期日到来を待ち望んでいた故、早速9月初日に買い替えました

今月、9月はスマートフォン(スマホ)の更新月

9~10月の2ヶ月間の間で手続きを済ませば解約手数料は不要とのことでしたが、この約2年半ほど散々に苦しんで来た?為か期日到来を待ち望んでいて早速、9月初日に買い替えました。

今ではMNP?とかで或る面では乗換もスムースになった?

過去2年半、いろいろ有りましたネ。 やっと解放された感じが・・
また長々となりそうも・・・振り返ってみよう。 投稿済みのブログ記事も参照しながら・・・


ガラケーからガラケー似スマホ?スマホ風携帯へ買替。ネット機能有れど、ちょっと待った!自サイトの表示乱れにショック、今更・・

DSC_0049~01


先月はスマホのデータ通信量・通信料が大幅に増加。遂にデー タ通信パックを外してデータ端末経由に

来月からスマホ・キャリアのデータ通信を外してみようと・・


データ通信量・通信料に耐えかねプラン解約・データ端末採用。今月は保険?で二重!途端に大手キャリア3者から量・料面での改善プランが

工務店エネシスポート・・サイトグループの御案内 ESP - ENESYSPORT
サイトグループ 住宅リフォーム・オール電化・太陽光発電・省エネ 屋根・外壁

気になってたパソコン(パーソナルコンピューター)とスマホ( スマートフォン)のバッテリーが少しばかり長持 ち傾向に!歓迎します


・・・・・・
・・・・・・

一昨年の4月に、スマホを乗り換え買い替えた頃からWindows 10 OSへのアップバージョンが本格化
現在は落ち着いて来て、半年に一度ペース?のアップデートも比較的スンナリ進んでいますが当時は移行期だったせいかOSのバージョンアップの作業に手こずりダウンロード通信量が増大・・・おまけに、Windows10にて、開発者向けでのUbuntu(Linux)が利用可能となったことも有って何度もダウンロードして挑戦したりで大き目のデータ通信量プランでも不足し、オプションで追加料金を負担して対処・・・

これは堪らない! で当時のスマホの契約プランからデータ通信を解約し、別途データ通信端末(ルーター)利用を採用

それから1~2週間後には大手通信キャリア各社から20GBまでOKのプランが発表になり・・・悶々とした日々が・・・

ガラケーは別用としても、この間は「ガラケー」+「スマホ」+「データ端末」を同時に持ち歩く不便さを・・・時には、追加で充電器や予備バッテリーまで持ち運ぶ状況に・・通信機器と言うより”お荷物”になることも。

携帯する3台分の充電にも気を使ってました・・でゴザイマス。

オマケに中心部から少しでも離れたり、ビル内の店舗では大手キャリアの電波と違い届かない地点も多かった!


データ端末は来月までの自然消化?期間を経て解約に・・・

この際にとガラケーも解約済み・・・でも、今回のスマホでは代わる利便性が期待出来ます。 ここ10日間、使ってみて確認済み・・・

従来は3代?3台?続けてS社のスマホを使用して来ましたが、時代の流れが有ったとは言え・・使い勝手がイ~イ感じ。

凄くコンパクトな造りながら大活躍してくれそうデス・・・ホンマに。

何がいいかって?

3台持ちで不便ながらこなしていたのがコンパクトな体格で動作は機敏で何でも・・ちょっとオーバー表現・・こなしてくれそう。 待ってました!

電波状況も遜色無し・・・ソコソコの田舎道をサイクリングしていても地図アプリでも道案内も期待できそう・・・

それにトータルでの通信コストが”お安く”なり助かりますヨ

 

頻繁に起こる事業移転なれど「東芝の半導体」は日本勢の半導体分野が日の出の勢いをつける先駆けの開発現場の一端。工場実習でお世話になり他人事では無い!懐かしき思い出も損なわれ?

今月に入り、少々気になる報道記事あり

一時は東芝の看板だった「半導体事業」の売却が完了した由
地球温暖化防止・低コスト発電に貢献を期待して外国企業の原発事業を買収・・したのも束の間で未曽有の地震・津波での大震災・原発被災に会い、安全コストの急増や原発システムが抱える安全性に対する疑念

経営・経理上の不手際も有ってか右往左往の果てに稼ぎ頭の事業までも手放す羽目に至ったとか

また遂には小生もいつかは購入したかったダイナブック・ノートパソコンで有名だったパソコン事業も、海外資本下の あの「シャープ」に売却される見通しとか

最近では頻繁に起こりうる事業移転では有りますが、こと「東芝の半導体」については、日本勢の半導体分野が日の出の勢いをつける先駆けの開発現場の一端で・・工場実習でお世話になった体験もあり他人事では無い・・懐かしき希少な思い出も損なわれてしまいそうで・・・

現代は殆どの機器がディジタル応用製品・商品

その最重要部品がLSI・・・大規模な半導体の集積回路、その集積度は桁違いの進化を遂げて今ではAI・自動運転・同時通訳・スマホの普及等

元々は半導体素子のトランジスタなどを纏めて一つの素子に仕上げたものでは・・・

東芝のノートブックPCの製造工場で名を馳せた東芝青梅工場、それ以前には当時 電子計算機(コンピュータ)製造の工場でも有ったと思う

工場内の一角の実験室での工場実習・・・難しくて内容はチンプンカンプンなれど将来の可能性を追求してディジタル回路の性能アップ・小型化・集積化などの目的だったのでは?と
当時から素子として有望視されていたFET(電界効果トランジスタ)の集積化の研究実験だったんではないでしょうか

何事も初め有りき・・当時は、その一歩でFET素子そのものの性能評価と集積性で有望との観点から僅か数個のFET(電界効果トランジスタ)の組合せ実験だった?・・・夏場の1ヶ月強、青梅工場にお世話になりました。 長い事、工場正面玄関前での記念写真も手許に有ったが何時しか、その他多くの写真同様に処分やら紛失やらで・・・

折しも、人類初の月面着陸が世紀の一大ニュースとなった頃で昼の食事休憩時間に社員食堂内のテレビニュースで報道をみた次第

その思い出の会社・工場のウリの事業が他の会社へ・・・残念!


[参考・・投稿済みブログ記事]

WEBサイト群=意外なPR効果!無口・24H稼働・年中無休の営業支援をとWEBサイト構築運営に偏重した嫌い。改めて住宅リフォーム+ソフトウェア開発に注力したく当分の間、更新頻度を控え目に

半世紀近く前に工場見学や工場実習でお世話になったアノ会社が・・?あの工場近くの商店街が・・?懐かしい集積回路の思い出