「日記・エッセイ・コラム」カテゴリーアーカイブ

リンク集LINK集サイト内に旅・宿の他に飲食関連ページ集が複数。世間一般的なグルメ紹介サイトや口コミ・食べログ等の超メジャーな飲食関連サイトと一線を画し一味違うアプローチを進めたから?

当SOHOにて運営しています多くのサイト群の中の一つ「リンク集・LINK集」サイト内には「旅・宿」関連を除く「飲食」関連情報ページ集が複数存在します。
当初「気になるお店・・」紹介コーナーでスタートしましたので掲載コンテンツはSOHO近くの気に入ったお店・気になるお店で対象を「飲食店」に絞っての数ページ構成程の想定でした。
然しながら現時点では極く近場の食事処での食事模様?印象?をお伝えしている状況です。
世間・一般的なグルメ紹介サイトや口コミ・食べログ等の超メジャーな飲食関連サイトとは一線を画し一味違うアプローチを進めて来たからでしょうか?「食」関連でのネット認知度は規模・扱う範囲の割には大健闘?自画自賛したいところですが客観的にもソコソコ一般的でビッグなキーワード検索でも、あれよ・・ひょっとして・・当運営ページ?
検索結果にリストアップされた項目のURLをチェックして見たら当ソーホーのオリジナルドメイン【enesysport.jp】下のページ群が上位(ココでは、あま~く見てトップ30位以内)に現れるケースも多くなって来ましたネ。
結構な手応えを感じている次第です。 今後は更新頻度が減少していくことでしょうが、新たな趣向の試みを交えながらサイト構築・運営を続けますので連携運営サイト群の更なるNET認知度アップも期待して良いのでは?
物量的には上記のメジャー・サイト群には太刀打ち出来ないのは明白、ただ何らかの物足り無さを感じたり・・キュレーション内容に本心から?時には疑問を感じるkエースも。
そう感じるからこそ牛耳られている模様の中に価値を求めて存在出来ると・・


下には次の投稿記事から抜粋して参考までに・・

当SOHO[京都府亀岡市のシステム開発ソフトハウス+住宅リフォーム工務店]で自社向け構築運営するサイト群の勝手に飲食店PRページが全国的メジャーなWEB媒体サイト群に負けじと奮闘!条件多い


何せ同様な飲食店紹介サイトは、ここ亀岡市でも大手の複数サイトが席捲していてアップ件数や店数など圧倒的で、通常の検索結果で目に留めるTOPから2~3ページ位までは全国的に見慣れたサイトさんが紹介するページのオンパレード。

[飲食]重点ページは躊躇!大手紹介サイトが席捲する中、埋もれてしまう懸念が?今回PR!気になる飲食店ほか[京都府亀岡市]近郊、古都・京都市”食の店”ほか

でも何か違うゾ! 断片的・羅列的・横断的・機械的な印象を受けました。 どうも腹八分感覚の情報も入って来ないような・・何度か行ったり来たりしないと・・それに口コミ的な情報に、一時ある意味で問題になったキュレーション内容に本当に生の声・口コミなんだろうかと疑問に感じたり・・或いは半ば機械的にキュレーション処理して無いかと。


 

本日が実質的に第1回目の投稿した月日。即ち実質的スタート・・ブログサイト立ち上げ記念日。世間様みたいにケーキやらで誕生日祝い!なんて粋な雰囲気は全く無し。哀れ!

当記事、珍しく採用の「予約投稿」です。 初めてか2回目?
公開予定日時: 2017年8月11日 @ 01:23
に設定しました。 午前1時23分は語呂合わせの御愛嬌のつもり
気になるのは2017年8月11日の日付

そうだったんですね。
先月7月9日に予感がしたのか、多い姉妹ブログ・サイト群の中でも最初の当ブログ(店長ブログと自称・・今ではロゴマークまで自作・授与され)の古き時代の名残を覗いて見たら・・
何と約1カ月後の本日が、実質的に第1回目の投稿した月日
即ち、実質的スタート・・ブログサイト立ち上げ記念日と分かる
次に当時の記事を再掲しますが、実に5年目に突入することに相成りました。 タイミング良く四周年を思い出せるように予約投稿の仕組みを採用する次第です・・・だってブログの機能に備わっているもの・・・
大量の件数の記事をアップロードしていながら、全く使用しない機能が有るなんて・・・運営する方に幾分、足らない点が・・と思われかねない

あとは無事に投稿予約した日時に記事群の仲間入りしてくれるか楽しみに待つことにしよう

・・・ (追伸) 2017/08/11   01:24AM に確認しました
       予定時刻での投稿となりました・・オメデトウ!


エネシスポート (ENESYSPORT) のホームページを本格的に公開しました。

少しずつホームページの作成を進めて来ましたが
この度、本格的に一般公開の為、アップしました。
これに合わせて、今後は当ブログの更新も・・・

ホームページの URL

http://www.enesysport.jp/


・・・

太陽光発電システムの検証モデル地区を見学したことも。当時は鳥インフルエンザ、今はヒアリ?対策無しでは困るが過剰反応は続かない?必要無い?

ドライブ兼ねて行きました。 多くの屋根には太陽光発電システムが・・・ Paltown 城西の杜、群馬県太田市

より・・ Paltown 城西の杜、群馬県太田市にて太陽光発電システムの見学
研究用に実験的システムも兼ね、特別な補助金の助成も・・?


下はその頃、撮った水鳥の写真なんですが・・・
少々、気にしながら・・・撮っていいものやら・・
何故なら当時は「鳥インフルエンザ」が話題になっていた
遠くから自由気ままに飛来してくる数多の種類の無数の大小の鳥の飛来ルートを特定しようとの雰囲気が感じられた
そんな! 特定なんて・・・

思う! 必要以上なウガイや手洗いが求められる・・

その後も養鶏舎や養豚舎に牛舎などの大規模な消毒など・・・

セアカゴケグモ・・

なんとか蚊・・

ヒアリ・・

何か話題になれば、マスクやらがバカ売れ・・
そのうちに何事も無かったかのように・・時とともに遠くなりにけり・・

もっと狭い範囲に絞っての対処で、他は様子見で駄目なんだろうか

 

二十年近く前から此のサイトの写真集を見て来たのが懐かしい!ネットカフェのブロードバンド環境の下で美しスギル風景写真を見たりしたことも・・癒されますネ

二十年近く前から此のサイトの写真集を
見て来たのが懐かしい
ネットカフェのブロードバンド環境の下で
美しスギル写真を見たりしたことも・・

この写真集の地域周辺を
ドライブしたのが懐かしい
各地のサイクリング・ドライブ
が思い出されて懐かしい

上のイメージリンクまたは下記サイト名?をクリックして当該サイトさんの左側メニュー内の「八千穂高原情報」ページに月別に多くの美しい風景写真が収録された各頁へのリンク集ありますネ
他にも趣向を凝らしたサイト・ページがいろいろと・・・ナイス・サイト
勿論、小生が運営担当して来たウェブサイトでもリンクを張ってました
今世紀初頭の頃も・・・一方的な長~いつきあいでゴザイマス

私の「風景写真」Gallery・ヤチホドットコム

あっそうそう、メルヘン街道をドライブしてて八千穂高原を通る。 上記サイトさんにしばしば出てきます白樺林を写真に収めたことも有ったが、他の大事な写真とともに失ってしまい残念


車でドライブ。妙義荒船佐久高原 国定公園「十国峠」、メルヘン街道、最高地点 「麦草峠」、早朝の秩父多摩甲斐国定公園 「柳沢峠」

国道299号線、この辺り「メルヘン街道」とあり。可愛らしいロマンチックな道、でも標高は2000mも・・走ったことも有ったとは

10年程前かな?高原列車の旅ならぬ、高原道路ドライブ車中泊の旅も今は懐かしい思い出旅

十石峠(長野県南佐久郡佐久穂町、群馬県境)、白樺群生地が美しい八千穂高原が

上は八千穂高原白樺林、下はメルヘン街道と最高地点の麦草峠


車中泊
ドライブ
ハイキング
サイクリング
世界遺産
富士登山
ネット旅・エコ旅NET・青春18きっぷの旅、高血圧症よ一時停止!ECO一人旅

保津川下り撮影、保津川・清滝川をハイキング~高血圧予防に。初コー ス有り、渓谷美を楽しむ大勢のハイカー。番外編


気温が高く写真を何枚か撮ったらスマホからメッセージが・・
気温上昇の為、カメラは暫くしてからにして~と
ならばと頑丈なスマホケースを取り外しましたが、何時もの感触と異なり
気を使いました・・これより渓谷沿いに狭いハイキングコースが続いた
しかも大勢のハイキング客とは逆の進行方向で行き交う際も・・・
シャッター押す際も・・日頃の持ち方とは違って・・・予期しないタッチやら
一番必要な時に外すのを求められるとは此れ如何に?
前から写真を多く取りたい時に、出ていたメッセージです・・・
無視して撮り続けようも、デジカメ機能が働いてくれない
今時の製品で何を仰いますと言いたくも有ったが、待てよ! 冷静に!
スマホデジカメ機能も使い切れないほどに高機能化・高性能化している
それだけに色々と温度・気温に敏感になって来ているのでしょう
先ずは撮像素子の微妙な変形に電子的な閾値の変動
保護的な膜・シートでも許容範囲を超す変形が起こるし高性能の撮像素子
の役目を果たせなくなってしまうから・・?
片や通常は不意の衝撃や予期せぬ操作から保護してくれる頑丈な?頼りに
なるスマホ用の保護ケース・・・やはり熱発散効果は無く消費電力から発する
熱を消化し切れずにアッと言う間に急激なおんど上昇に至るみたいです

自転車のブレーキ音鳴りが気になり下り坂で自力・自足ブレー キ操作?内出血・痛みの後も後遺症は止まぬ

先日、買い換えた自転車・・これからもサイクリングにも使うことになります
と言っても大部分は日常使用ゆえバケットが必要となります
従い、今回も迷わずにママチャリなんです
サイクリング車では荷物運びは苦手だろうし値段も張るしなぁ〜
乗ってみて軽快感は有ります・・
ただ一点、不快な点が・・
乗り初めた時点から、最初の前ブレーキ操作の時点でギーギーと不快なイヤな音を発する
その内、自然と調整され治まるかと思いながら漕いで来たが一向に治らない
今さら、購入店に持ち込んでもラチがあかない
大量販売するホームセンターゆえ修理部門は無さそう・・もう数日経っているし・・

ところで前任者?は余るほどの功労者?なり
4年以上も仕えて?くれたので・・
色々部品交換・調整やパンク修理などの手当てはした
ある時、ブレーキ時の音が大きく修理に出した
ディスク式ブレーキの後ブレーキの音は交換しないと駄目と相成りました・・諦めて使い続けることに
前ブレーキのイヤなギーギー音はパッド自体はそれほど消耗して無いし調整で直るとのこと
何やら向きや傾きを調整して見事治った!
イヤなギーギー、キーキーが消えた
いやぁ〜さすがベテランの自転車屋さんです
状況・症状を的確によめるんですネ
ホームセンターの自転車売場ではこの処置は出来ないでしょう。 せめて正常に使える状態で販売してくれたら・・
先の微妙な調整が必要な前ブレーキの取り付けが販売現場で必要なら難しい話なのかも・・
買ってすぐに先程の自転車屋さんに持ち込むのもチョッとねぇ〜
その自転車屋以外で買って修理・調整だけ我が店に持ち込むとはなんたることじゃ?
そんな買い物感覚なら後回しじゃ・・と

実は時が経つにつれ治らぬ後遺症に・・
左手親指と右足親指に異様な現象が・・待てど酷くなって来た
先の自転車、購入して数ヶ月あとディスク式後輪ブレーキがキーキーと音を出す様になった
支障無い範囲で前ブレーキを多用する様にしていた
今度は前ブレーキがギーギーと鳴り出した
数日早く修理に出せば良かった! 後悔先に立たず・・タイミング見てと先延ばしにしていたのが・・
工事現場へ自転車で通っていました
さて仕事が終わり現場から帰る際にアクシデント発生
現場からはスグに下り坂、通常のブレーキはの効き具合なら何とも無い
それまで何回もブレーキ操作しているし・・但し、前から音が鳴る後輪ブレーキは控え目に前輪ブレーキをメインで・・
その時は多用していた前ブレーキも消耗が激しかった見たいで坂道を下るには鳴る
前後輪とも音が鳴る状態だった
現場近くゆえ周辺住民への迷惑を感じとり極力思い切ったブレーキはかけれなかった
いいいよスピードが増して行く
先にはソコソコの交通量の有る道路が・・
もうブレーキだけでは危ない!
咄嗟にスピードを出して下り進む自転車から飛び降りた
左足、右足、左足、右足・・トントンと強く地面に打ちながら・・・自転車は止めることは出来ました
翌日からだったか何時からだったか・・
痛みは酷く・・現場からの帰りに・・座り込んで足を休めてしまう始末
酷かったのは左だったか右だったか?もうハッキリした記憶は無し・・程度の違い有れど両足に負傷
膝(ひざ)から踝(くるぶし)にかけて上下方向に内出血の血の溜まりが見てとれる
1〜3日後位だったか、今度は踝(くるぶし)周辺がどす黒い症状に・・・
ネットで調べてみたら数日後には症状が引くらしい
確かに内出血は消えて行きました

それから3〜4週間後位だったか、数年経っても治らず益々目立つ様な症状が現れたのは。
ネットで見たことが有る様な気がします
臓器系統だったか神経系統だったか何処かで上下部分が左右入れ替わって云々の症状に・・
手足計20本の指の内、左手親指と右足親指が巻き爪と言うのか大きく他の爪と違った形の爪に・・しかも2本の爪そのものが内出血した様な変わりよう・・
あれから数年経つのに明らかな異常は、あの際の強打による以外は考えられない

富士登山して下山時にも負傷して長いこと後遺症に苦しめられたことが有りますが、この後遺症は自然に治癒する気配は有りません
かと言って今更、病院に通ってもねぇ〜

今回の前ブレーキの音鳴りも何れは自転車屋へ行く必要があるかも・・
今回は大事な後ブレーキが音鳴りせずに正常に機能している為、当面は心配も半分なり

駅を出ると団扇、JR嵯峨野線(JR山陰本線)の京都駅発~丹波口駅~二条駅~円町駅~花園駅~太秦駅~嵯峨嵐山駅~保津峡駅~馬堀駅~亀岡駅

本当に奇遇です。 昨日は奇遇・・偶然に恵まれすぎているのかな
昨日は電車で仕事に出かけました
ウチワは見なかったが扇子で局所冷感?を求める方が多く見かけられたこと・・確かにムンムン蒸し暑かった旨の記事を朝と夕に書き加えて京都駅で電車待ちの際アップしたのが直前の記事です(下記記事)

団扇は見かけなかったが、扇子がチラホラ咲いています。結構 、多い。

さてJR嵯峨野線(JR山陰本線)の京都駅発~丹波口駅~二条駅~円町駅~花園駅~太秦駅~嵯峨嵐山駅~保津峡駅~馬堀駅~亀岡駅

と進んでまいります。 次はカメオカですの聞き惚れるアナウンスの後、降車駅であるJR亀岡駅でゴザイマス
階段を下りて外に出た所で何やら配っている方が・・・
大概は受け取らずに素通りなんですが・・無愛想やら・・強引にやら・・
今回は何となく控え目そうで・・差し出されたものを受け取りました
最近では目にすることも無く、気になることも無かった団扇、それも昨日の朝にホーム内で扇子を見かけ珍しく話材にしたばかり・・ウチワは見かけなかったと・・・
記事を投稿して僅か1時間ほどで団扇を手にした次第
持って帰りました。
ミニサイズの”うちわ”・・・「赤から 京都亀岡店」 クーポン券添付の販促用うちわ でした。 大袈裟も中位で・・”奇遇”なり

ESP - ENESYSPORT

結構、無茶なハイキングだった!道中は特に異常無し 帰宅後は幾分低い血圧値・・歩く降下の効果あり?

国道367号線、今回のハイキングコース最高地点。京都府京都市と滋賀県大津市の境界
国道367号線、今回のハイキングコース最高地点。京都府京都市と滋賀県大津市の境界

高血圧に逆らい耐えてここ最高地点まで歩いて来ました
道半ばとは言え、しんどそうで・かわいそうな疲労困憊の我が両足には優しき緩やかな下り坂が続きます。 ちょっとした御褒美でしょう!
苦あれば楽あり。 格言はこの為に有り・・と感じた次第

ところで高血圧症治療目的で何回か血圧降下剤を服用し始めたことが有りました。
多くの場合、やけに足元がおぼつかない、ふらつく
一般道でも中央部から水捌けの為か水勾配があって僅かな傾きが・・
普通は特に感じないが服用後のフラつく足の状態では相当気になります。 平衡感覚を崩れてきます。
神経質なので気になると益々酷くなって行きます
危険を感じる次第です・・・しばらく様子見で服用を中止しようと・・
それからは少々怖さも感じて・・・薬の効きが強い?服用に慣れてない?
さて連続した坂道なんです。 ここを境に上り坂から下り坂へと変わります。 前後方向にも勾配が・・・血圧降下剤を服用しつつのハイキングなれば如何ほどの異常が起こり得たでしょうか

結構、無茶なハイキングだったハズも歩いている間は特に異常は無し
帰宅後は幾分低い血圧の測定値でした・・・歩く降下の効果ありか?

宇治に行きました。昼過ぎからの半日コース先ずは平等院へ、 チョッと待った!通行手形は?

先日、宇治に行きました。昼過ぎからの半日コース
先ずは平等院へ、チョッと待った!通行手形は?と言われそうで入口手前の「砂ばり藤」の藤棚のポイントで辞退申し上げました。素通りでスミマセン。
毎度のことで恐縮です。決して平等院鳳凰堂様を特定した行動では御座いませんデス
当方には特別な事情が有りまして・・

またエコ旅の旅日記・旅行記が大きな要素を占めるサイトを運営してますので、その趣旨からも・・
でも行ってみたいとの思いが有ってワザワザ参りました
申し訳ないですが外から雰囲気を味わわせてもらいます
近くの宇治川では”競艇”の催し「宇治川・源平・龍舟祭」が、観戦しつつ暫し休憩です

DSC_0588 DSC_0605 DSC_0638 DSC_0663 DSC_0696 DSC_0724 DSC_0735 DSC_0766 DSC_0787

さて後半は対岸に渡り宇治神社前を通り京阪宇治駅に立ち寄る
宇治川の左岸を一路京阪「観月橋」駅へ。更に「中書島」駅へ
結構な距離を歩きました。 他に歩いている人は?と気になるも殆んど見当たらず、当方が余程の変人?エコ旅一人だと改めて自覚させられた次第で御座います

思い出つくり・・・・49%
リラックス効果によるストレス発散・・51%

只今、姉妹サイトに写真アルバムをアップロードすべく準備中・作成中
いずれアルバムを公開予定

某大手商社がサトウキビの搾りカスや利用されて無かった部位も発電燃料に? 昔 牛が回ってキビ汁を搾っていたなぁ

某大手商社がサトウキビの搾りカスや従来は利用されて無かった部位も使用して燃料にする事業を興すらしい
彼此もう60年ほども昔になるでしょうか、小学校入学前後のことになりますが生家のスグ近くに小さな製糖工場~本当に小さなミニ工場が有った
恐らく集落単位での黒糖生産工場だった?。それも長くは残らずスグに目の前から消えた
でも懐かしい!サトウキビを絞る為の回転機を牛に引かせていた。 当時でも珍しい光景だった。 収穫期の僅かな期間だし~。
絞り機の回転軸の周りをグルグル回らせてキビ汁を搾りだす。
その絞りとったキビ汁をパン(例えば洗濯機の下に漏水防止に敷く器・・これを大きくしたもの・・トレイ?)の中で煮えたぎらせ掻き混ぜながら黒糖にして行く。 本当に甘~い香りのプンプンする現場だった。
”絞りかす”の行方は分かりません。各家庭での燃料は薪だったし肥料は他に使っていたみたい・・かと言ってワザワザ捨てていた事も無いのでは? 幼い頃の記憶ゆえ行先は I am sorry. I do not know !
やがて本格的な製糖工場が出来て、集落のプチ製糖工場は姿を消して行った訳です。
その前後は生まれ育った徳之島を含めた奄美群島(他には奄美大島・喜界島・沖永良部島・与論島・加計呂麻島)が沖縄地域より先に米軍統治下から日本へ返還・復帰した頃
恐らくは本土よりの資本が製糖工場に投下されたからでは?
急に収穫されたサトウキビを満載したトラックが行き交うようになる。
遠く離れた製糖工場に向け狭いデコボコの泥んこ道を走ることに。
復帰に係る復興振興対策事業などで、今では道路も整備され短時間での移動が可能になっているらしい

二期作の稲作が主体も本土への移住、特に若者の流出や全国的な稲作生産価格の低下で後継者不足なのでは
砂糖工場も全体的には海外からの輸入品が多くなり・・・加工品や黒糖焼酎に目立つくらいかも
本場大島紬も一時のブームは有れど全国的に和服の需要が減少、更には低コストの外国産紬が入って来たり・・
で大変なのでは・・・復興事業を地場産業と見ていいのか分かりません

さて例の”サトウキビの搾りかす”については一度見学に行った製糖工場で燃料に回しますと聞いたことが有り、集落のミニ工場では見かけなかったので感心した記憶が有ります。
ミニ工場で絞ってもカスには未だに水分が残っている! でも大型工場では絞りに絞っているからだろうと妙に感心していました。
恐らくは今回の某商社の企画でも、それを進化させた事業化でしょう。 発電事業への燃料化?とか
今度はサトウキビの葉っぱ・茎の部分も活用する? ナルホド!
昔、さとうきび収穫の際は先ず茎に近い箇所を鎌で切り取る~次に何本も有る葉っぱを切り落とす~更にキビの外側の皮を剥ぐ~必要が有れば適当な長さに分割
この段階で利用出来なかった部分も燃料に利用する訳だ! 確かに葉っぱも自然に枯れたら燃えやすいものだから
ついでながら蘇鉄の棘の有る葉っぱも枯れたら一気に燃える・・五右衛門風呂を沸かす際、燃料の薪への火付けに枯れたソテツの葉をくべたこと有ったっけ。

今では味わえないサトウキビの味
収穫したサトウキビをキビ畑で皮を剥いてしゃぶる・・キビ汁を・・仮にキビを目にすることが有っても、今は歯がボロボロではねぇ~入れ歯では無理だよなぁ~
絞り出したサトウキビの汁から工場で黒糖に仕上げて行く段階での香ばしい温かい出来立てホヤホヤの黒砂糖・・あぁ~美味しかった!