「世界遺産」カテゴリーアーカイブ

小生が後に世界文化遺産登録の富士山に須走ルートで[登山+お鉢めぐり]したは11年程前。軽装故に足に負傷するも思い出は一番!この夏その富士登山不可に!静岡県・山梨県の登山道は全面閉鎖

当ブログに2日前にも山頂まで登山+富士山火口一周の「お鉢巡り」なる登場?が次の記事にて・・・

あれよ!アッと言う間に何故か年齢欄に書き込む数字が上積みされて行きます。決して同意した訳では有りません!やがて11年近くになります・・それじゃ大昔で無くとも一昔前に相当する昔話をPR

富士山・・・富士登山下界では味わえない絶景を富士山(登山後に世界文化遺産に登録)から下界では味わえない絶景を富士山(登山後世界文化遺産に登録)から

昨日には、この夏の富士登山が閉鎖となった由

登山道の計4ルート共に閉鎖になるらしい・・・コロナ様のお陰???

約11年前の夏に登山するも、天気次第・気分次第・・・ドライブついでに中途半端な富士登山決行となり軽装のまま・・・

下山途中で足に負傷・・・特に両足の爪先と踵の辺りの痛みが酷く、どんどん遅れて・・・しかも、やっと辿り着いた山小屋で電灯を求めるも素っ気なく”有りません”

さて夏場のこと故、一旦は野宿でもと思うも・・痛みは引かないだろうと・・大人2名+小学生2名に先頭の方の一つの照明のみを頼りに、ジグザク不規則段差の砂利道と言うより石コロ?下山道を必死に痛みをこらえつつ・・・・真っすぐで無し、平坦で無し、足場は悪し

而も先頭から5人目(実は山小屋近くで、無理矢理お願いしてのグループ入り参加ゆえに)の最後尾・・・尤も小学生2人を挟んで・・・

足も更に痛め続ける事になるも・・・その時点では3~4m先のランプの明かりで照らす荒れた道の状況を一瞬も逃さずに把握しようと・・笑う勿れ! 本当に瞬きすら出来兼ねる状況でしたね

実は、何とか下山後も~~を分ける一瞬のアクシデントもあれど、あまりにも一瞬故に詳しくは説明も出来ない(次を参照)

富士山へ須走ルートで登山(富士登山)での出来事 (その一~五)



滋賀県比叡山登山ハイキング(京都一周トレイル・東海自然歩道)、富士山下山時の悪夢を思い起こす必死の下山~琵琶湖に出て夕景・唐崎の松、更に大津駅まで歩く!エコ一人旅写真集5分割PR

あれよ!アッと言う間に何故か年齢欄に書き込む数字が上積みされて行きます。決して同意した訳では有りません!やがて11年近くになります・・それじゃ大昔で無くとも一昔前に相当する昔話をPR

ドライブついで目を覚まして、天気次第で登山を決断しよう・・・

そんなこんなで、普段着のまま・・・登山にしては全くの軽装

一番にはトレッキングシューズ(登山靴)無し、トレッキングポール(杖)無し、ヘッドランプ(ライト・照明)の全て準備せず・・・持ち合わせて無いし、当初からドライブ目的故・・・

少なくとも荷重を足全体にバランスよく受け、足の踏ん張りを効率よく活用する為にトレッキングシューズ(登山靴)の着用は最低限必要

11年後になる今回の「比叡山登山」でも教訓を活かせず又、やってしまった!

同じ下山ルートの途中にて、足の負傷が酷くなり必死の思い出大幅に下山時間を要した

比叡山登山日より4日経過するも・・・両足は強張ったままで鈍い痛みが


登山スタート 2020/5/13 10:01
(参考:登山終了) 登山終了まで約時間、更に琵琶湖沿いにJR大津駅まで約時間。 計 約10時間のハイキングとなりました

滋賀県、比叡山登山ハイキング エコ一人旅写真集 _1_  _2_  _3_  _4_  _5_
Album(1/5) Album(2/5) Album(3/5) Album(4/5) Album(5/5)

天気は良かったが「黄砂」のせいか? 遠景は・・
先月4日、近江八幡市~びわ湖~彦根市のハイキングの際も黄砂が飛んで来たのか琵琶湖西岸方面の視界は不良だった・・好天気でしたが

11年間リストに変化無き次のリストに●比叡山(大津市)  848m

登山経験は少ないが幾度か有ったり・・勿論、富士山は一番だった
雨・風にも高血圧症にも負けず?登山

希少な登山体験に御協力有難う・・標高順

●富士山(静岡県・山梨県)    3776m
●開聞岳(指宿市)  ・・・・・・・・  924m
比叡山(大津市)  ・・・・・・・・  848m
●湯湾岳(奄美大島)  ・・・・・・  694m
●井之川岳(徳之島)  ・・・・・・  645m
●高尾山(八王子市)  ・・・・・・  599m


小生が富士登山したは未だ、世界文化遺産に登録される前

その後、登録され・・・登山者数の制限目標も?

今回は、全面禁止みたい!

小生は富士登山の際も途中の山小屋に様子見に立ち寄ったのはホンの20~30秒程度・・・でもシーズン中は込みに込むのかなぁ~

あんな山ん中で、3蜜なんて・・・恐らくは山小屋での3蜜なんでしょう

それにしても、そこまで?? の感がしないでも無い!


イイ光景!とカメラを向けるも撮影公開に後ろめたさ感じた水鳥が戯れる写真。当時は鳥インフルエンザが今の新型コロナウイルスに相当の大騒ぎ。出来るだけ不要不急の人混みを避け歩いて体調維持

近畿Myサイト集~京滋・阪奈PR情報=近畿4府県[滋賀+京都+大阪+奈良]各府県いろいろコンテンツ集~ローカルな飲食+カフェ喫茶店PR等ほか気になる不動産(住宅・土地)サイト・ページ・リンク[site,page,link]集近畿Myサイト集 近畿いろいろ+番外編?
Myネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]
不動産[住宅=戸建住宅・マンション(新築・注文・建替・分譲・建売・リフォーム)・土地/宅地]サイト・ページ・リンク[site,page,link]集他~ローカルな飲食店・料理店+カフェ喫茶店PR等[ソフト工務店]エネシスポート(京都府亀岡市)

近畿Myサイト集
https://kinki.enesysport.jp/
近畿Myサイト集~京滋・阪奈PR情報=近畿4府県[滋賀+京都+大阪+奈良]各府県いろいろコンテンツ集~ローカルな飲食+カフェ喫茶店PR等ほか気になる不動産(住宅・土地)サイト・ページ・リンク[site,page,link]
ドメイン:
enesysport.jp
ファビコンで
イメージ認識
ESP 読み取れた
文字列認識
[ソフト工務店]エネシスポート 運営サイト群【ドメイン:enesysport.jp】ご案内 (ソフト工務店) エネシスポート 運営WEBサイト集~オーソドックスで網羅的な運営サイト群の御案内
[ソフト工務店]エネシスポート
運営サイト群ご案内
【ドメイン:enesysport.jp
(ソフト工務店) エネシスポート
運営WEBサイト集~オーソドックス
で網羅的な運営サイト群の御案内

当SOHOで運営中サイト群内のページURLには
独自ドメイン(オリジナル・ドメイン)

独自ドメイン”enesysport.jp”下で運営されている姉妹サイト群を示すファビコン画像がブックマーク先頭に表示 enesysport.jp

あれよ!アッと言う間に何故か年齢欄に書き込む数字が上積みされて行きます。決して同意した訳では有りません!やがて11年近くになります・・それじゃ大昔で無くとも一昔前に相当する昔話をPR

あれよ! アッと言う間に何故か”年齢欄”に書き込む数字だけが上積みされて行きます・・・決して同意した訳では御座いません

やがて11年近くになります・・・もう11年も?・・・それじゃ大昔で無くとも、一昔前に相当する”昔話”になってしまう

あの富士登山の際も、軽装ゆえにスイスイと山頂まで登山+富士山火口一周の「お鉢巡り」までも・・・

富士山・・・富士登山

下界では味わえない絶景を富士山(登山後に世界文化遺産に登録)から下界では味わえない絶景を富士山(登山後世界文化遺産に登録)から

それまでの体調では夕刻迫るとは言え残るコース而も自力走力は、そんなに要求されない「ラクチン」の筈だった

ドライブついで目を覚まして、天気次第で登山を決断しよう・・・

そんなこんなで、普段着のまま・・・登山にしては全くの軽装

一番にはトレッキングシューズ(登山靴)無し、トレッキングポール(杖)無し、ヘッドランプ(ライト・照明)の全て準備せず・・・持ち合わせて無いし、当初からドライブ目的故・・・

少なくとも荷重を足全体にバランスよく受け、足の踏ん張りを効率よく活用する為にトレッキングシューズ(登山靴)の着用は最低限必要

11年後になる今回の「比叡山登山」でも教訓を活かせず又、やってしまった!

同じ下山ルートの途中にて、足の負傷が酷くなり必死の思い出大幅に下山時間を要した

比叡山登山日より4日経過するも・・・両足は強張ったままで鈍い痛みが


登山スタート 2020/5/13 10:01
(参考:登山終了) 登山終了まで約時間、更に琵琶湖沿いにJR大津駅まで約時間。 計 約10時間のハイキングとなりました

滋賀県、比叡山登山ハイキング エコ一人旅写真集 _1_  _2_  _3_  _4_  _5_
Album(1/5) Album(2/5) Album(3/5) Album(4/5) Album(5/5)

天気は良かったが「黄砂」のせいか? 遠景は・・
先月4日、近江八幡市~びわ湖~彦根市のハイキングの際も黄砂が飛んで来たのか琵琶湖西岸方面の視界は不良だった・・好天気でしたが

11年間リストに変化無き次のリストに●比叡山(大津市)  848m

登山経験は少ないが幾度か有ったり・・勿論、富士山は一番だった
雨・風にも高血圧症にも負けず?登山

希少な登山体験に御協力有難う・・標高順

●富士山(静岡県・山梨県)    3776m
●開聞岳(指宿市)  ・・・・・・・・  924m
比叡山(大津市)  ・・・・・・・・  848m
●湯湾岳(奄美大島)  ・・・・・・  694m
●井之川岳(徳之島)  ・・・・・・  645m
●高尾山(八王子市)  ・・・・・・  599m


[ソフト工務店]エネシスポート 運営サイト群【ドメイン:enesysport.jp】ご案内 (ソフト工務店) エネシスポート 運営WEBサイト集~オーソドックスで網羅的な運営サイト群の御案内
[ソフト工務店]エネシスポート
運営サイト群ご案内
【ドメイン:enesysport.jp
(ソフト工務店) エネシスポート
運営WEBサイト集~オーソドックスで
網羅的な運営サイト群の御案内

 

京都府京都市と言えば古都京都で知られ昔から日本歴史の中心、数々の世界遺産ほか名所旧跡あり。近年は特に海外からの観光客が激増!隣接する亀岡市に住まう身なればメイン・コースを外して

一本橋 通称、行者橋・・・近くには「古川町商店街」が・・

 

京都市、宝輪橋(ほうりんばし)・・下は宝林小路とか
大正11年(1922)に出来たらしい 大漸寺スグ横


これより下・・・オマケ・・・大変、失礼しました

日本一標高の富士山山頂に立ち火口周り[お鉢巡り]も~海抜3776mとは生まれる前から聞いていたような錯覚も。滋賀県の琵琶湖大橋の最高地点は海抜でなく「湖」抜で何m?基準は湖面PR?

富士登山_20090812 タイム・チャート

日本最高峰富士山剣ヶ峰日本最高峰富士山剣ヶ峰

国土地理院の三角点
国土地理院の三角点、海抜3776メートル


琵琶湖大橋、最高地点
琵琶湖大橋 (滋賀県) 最高地点
此処は一般的な地点では無い!海抜で表わすのは無神経
湖抜」とかの表現方法が有ればなぁ~
一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)
~大原の里(大原三千院・寂光院)~琵琶湖大橋

後日、サイクリングで反対側歩道を通る
国道477号線~琵琶湖大橋を経由してのサイクリング

滋賀県、日本一の琵琶湖に架かる【琵琶湖大橋有料道路】を渡る

滋賀県日本一の琵琶湖に架かる【琵琶湖大橋有料道路】を渡る


昨日は某キーワードでのネット検索で遂に検索結果の上位にランクインを確認、嬉しかった!膨大な「富士登山」関連コンテンツ集の中で客観的には何の変哲も無い我がサイトが姉妹サイト群の協力で

姉妹ブログに昨夜、次の記事を投稿しました。

キーワード「富士登山写真アルバム」他で検索し検索結果に現れたり認知度上昇。注力してもナカナカで正直、諦めてた次第。今に現れる現象は悪い気はしない!姉妹サイト群のチームワークのお陰

以前には、当然?他の姉妹サイト群と同様な感覚でネット上での認知度も・・これだけコンテンツを精力的に収集してサイト構築作業をしたのだから・・スグサマ上位表示になろうかと期待しつつも意に反して?当然ながら?も認知度は低空飛行ばかり・・でした。

まとめてアップし外見上は仕上がった、コンテンツ量も十分、何と言っても天下の名山「標高日本一で美し過ぎる富士山」をテーマにしたからには注目の的のハズだった・・
数年後には世界文化遺産にも登録となり、その”箔”もちゃっかり宣伝?する等して来たのに・・・とほほ

手を変え品を変えて試行錯誤を繰り返すも一向に上位表示には至らずに遂に上昇期待を諦めていたのですが・・・

昨日、久し振りの某キーワード検索で・・・上位表示だった!

富士登山_20090812 写真アルバム集 ~ 後に「世界文化遺産」に登録され …
fujisan.enesysport.jp/fujitozan-album.html

・・・・・・・・・・

嬉しかった! あれほど期待しつつ叶わずの次のサイトが遂に日の目を見る事になろうとは・・・尤も、連携プレー?で運営中の多くの姉妹サイト群さらには夫々に含まれる多数の運営ページ群からの案内リンクでの知名度??認知度UPに依るところが大きいのは確かなんです。

「富士登山」サイト
「富士登山」サイト

富士登山_20090812 タイム・チャート

単独での運営サイトならば、同様な「富士登山」コンテンツは、毎日にわたり数知れない関連コンテンツがネット界にアップロードされ、失礼ながら情報過多・情報氾濫・・本当に失礼な表現・・(神様・ネットワールド様・仏様に御免なさい!)我が運営サイトの存在なんて~~

協力しつつ継続・・・が遂に望む好ましい結果となった次第、嬉しい!

ところで姉妹ブログに投稿した上記の記事を書き出した時点での記すトピックの一つに、ちょうど9年前2009/08/12に世界文化遺産に登録なる前でしたが富士登山を体験していた件でした。

アップし終えて若干の時間経過後に記載し忘れたことに気付く・・・

おっちょこちょい!ですまされてイイものか・・・常なる事とは言え・・・


折角だからと富士山頂の火口周り、「お鉢巡り」を楽しむことにしました
好天気の日、下界から眺める富士山の姿・形とは打って変わった
活火山の富士山の本当の姿を!そして日本一の高さからの絶景

登り始めはスッキリしない曇り空、近くに有るハズの富士山は見えない
やがて、その覆った雲は眼下に・・「雲上の人」になった錯覚、失礼!
全体で300枚以上もデジカメで撮りまくった。正味1時間は撮影に費やす

カメラを向ける時間が勿体無い気もする・・が、今後も長いこと思い出の友になるハズ


前夜は想定外に思惑外れての給油所探し、もう一つ間違えば富士登山を
諦めざるを得なかった。 でもスタート後は軽装故にトントン拍子に此処まで来たもんだ
残すは楽な下りを下山するのみ。 楽勝のハズが・・神様に仏様は見ていた

最終的には助けて下さった


バッテリー切れ この時点で数多くの写真を撮ってきたデジカメのバッテリーが干上がる
残念ながら、下山時のデジカメ撮影はココまで
足を負傷 軽装、登山靴なし、杖なしで殆ど休み無し。シューズで「砂走り」の砂利道を勢い下るのは
足の付け根にかかる負担が大きすぎた。追い越していたのが急にダウン。
追い越されて行くが足を進めるのが苦痛。
瞬きも抑えて先頭の
僅かな照明、後尾の
歩き方をイメージして
一時は野宿も考えた・・夏場だし夜間も寒くは無さそう・・でも、夜明けまで時間が長いし
明日も傷みが引く訳では無いし・・
進んで行って山小屋へ。照明を買い求めようと思うも在庫無しとの素っ気ない返事
やがて大人男性2人に小学生らしき2人の4人グループに、何とかお願いして加わる
真っ暗な中、狭い山道の木々や石ころのデコボコ・段差・曲がりくねった下り坂を進む
計5人の明かりは先頭の大人の小さなヘッドランプのみ、間に子供さん二人を挟み別の
大人が・・その最後尾を微かな照明を頼りに前に進んで行く4人のコースを目を凝らして
イメージに焼き付ける・・
須走口五合目に・・負傷した足を、その間ずっと傷み続けた始末・・後遺症が3年程。
子供さんに何かと・・お礼を兼ねて・・・懐中電灯・ヘッドランプ代の分を・・
残り少ない人生で
最大の危険な場面
僅か3~4秒ほどのアクシデント、結果的には全てが加減良くおさまったせいでしょう
一つでも都合が悪ければ、先程までの足の負傷どころでは無かったハズ。 不思議!

いろいろ予期せぬ体験が有った我が「富士登山」の一コマ、二コマ・・・を収録した写真アルバム集です

  富士登山(タイム・データ、タイムデータ、時間経過、タイムリスト)は此処をクリック~Click!