「社会・経済」カテゴリーアーカイブ

太陽光発電システムの検証モデル地区を見学したことも。当時は鳥インフルエンザ、今はヒアリ?対策無しでは困るが過剰反応は続かない?必要無い?

ドライブ兼ねて行きました。 多くの屋根には太陽光発電システムが・・・ Paltown 城西の杜、群馬県太田市

より・・ Paltown 城西の杜、群馬県太田市にて太陽光発電システムの見学
研究用に実験的システムも兼ね、特別な補助金の助成も・・?


下はその頃、撮った水鳥の写真なんですが・・・
少々、気にしながら・・・撮っていいものやら・・
何故なら当時は「鳥インフルエンザ」が話題になっていた
遠くから自由気ままに飛来してくる数多の種類の無数の大小の鳥の飛来ルートを特定しようとの雰囲気が感じられた
そんな! 特定なんて・・・

思う! 必要以上なウガイや手洗いが求められる・・

その後も養鶏舎や養豚舎に牛舎などの大規模な消毒など・・・

セアカゴケグモ・・

なんとか蚊・・

ヒアリ・・

何か話題になれば、マスクやらがバカ売れ・・
そのうちに何事も無かったかのように・・時とともに遠くなりにけり・・

もっと狭い範囲に絞っての対処で、他は様子見で駄目なんだろうか

 

当地、京都府亀岡市の亀岡消防署にて消火体験・消防署見学か?此れは見物とは言わず見学?体験学習?

亀岡消防署の前を通りました
たまに通りすぎる際に号令かけあったり、消火訓練したりの場面に遭遇しますが・・今日の声は号令・指揮では無さそう
目をやると一般の方々、子供さんも混じっているし・・
ホースの先端の放水口を構えている方も一般人?
すぐ隣りでは消防士の方が支えている様子
地区の有志或いは生徒の保護者会で消防署見学・消火体験か

自然の恵み太陽光で創エネ(energy生産)、省エネ設備機器・工法採用で省エネ(energy削減)、消費電力量の平滑化・エネルギー自給率UP・化石燃料の消費削減

自然の恵み再生可能エネルギー「太陽光」を効率よく
創エネ(エネルギー生産)

省エネ家電製品の採用
高い気密、断熱・遮熱性能の建材・工法の採用
及び控え目の暖房・冷房温度設定で

省エネ
(エネルギー消費)

昼間・深夜消費電力量の平滑化
エネルギー自給率UP、化石燃料の消費削減
地球温暖化防止、などにささやかでも貢献出来る
省エネ住宅リフォーム・太陽光発電システム・オール電化

車中泊
ドライブ
ハイキング
サイクリング
世界遺産
富士登山

静岡県で電気柵による感電事故、福知山市周辺で太陽光発電・住宅リフォームの営業活動時にも電気柵を見かけた

非常に残念な事故が起きてしまいました。何とも言いようの無い・・
静岡県で感電事故、それも数人も・・・しかも死亡事故に・・・
以前から気にはなっていました・・
福知山市周辺を営業で回っていましたら結構、目につきます
折角苦労して育てた農作物が収穫前に、鹿(シカ)や(イノシシ)に荒らされる。やり切れない気持ちなんでしょう
その対策に費用対効果を考え電気柵の設置が有効からなんでしょう。
ただ自己負担での設置は、農業の生産性・競争力から難しい。
従い自治体の予算で補助金の支給を見越して設置へ・・・
補助金活用なら漏電防止や過電圧・過電流への対応済みのシステムを設置することになるでしょう。
電気柵に注意」とかの注意の掲示も・・・
昔むかし、田舎の小学校ではラジオ体操など校内放送時は電圧降下対策にスライダックを用いて昇圧していたものです。今は九州電力に吸収された小さな島の小さな電力会社の供給電力に不安定さが有った為でしょう。・・・徳之島・・・
まさか荒らす動物に与えるショック度を高める為、一般家庭への配電用電線から昇圧して電気柵へ電力供給している電気柵設置者はいないとは思いたいですが・・・
通常、さすがに万が一の事故防止に漏電防止対策や過電流対策・・・動物へのショックを高めながら人体への生命危険予防に瞬間的な積算電力量を抑えるために断続的な通電に設計されているみたい。
関連業界の正規のシステムの場合。
しかも今回のように何かのキッカケで断線そして川水の中へ垂れ下がる。
通電性能の高い水が導体となり何なく人体へ向かう。考えただけでゾッとする。
部外者故、軽々しいことは言ってはとは思うが現実に死亡事故ほか重大な事故が起こっています。
配電用の電柱に架して電線を張る訳でなく、接触防止用の柵を別途に設けるのは現実的ではないとすれば、過電圧・過電流・ごく短期間の積算電力量の制限・漏電への対応が整ったシステムの設置を厳格化する必要があるのではないでしょうか。

その分、コストアップにはなるでしょうが・・
難しいですネ!通常は部外者に思われる一般の人々の予期せぬ往来に何処まで対処すべきか?
費用 対 効果・事故防止 ・・・ 永遠のテーマ!

如何にも老々介護、 複雑な気持ちになりながら・・非力な自分

今日、小さな広場で一休みの為腰かけていました。
そこに熟年の年老いたご夫婦?が通り過ぎようと。
如何にも老々介護で御主人らしき男性を手を引いて先に進もうと・・する老婦人。
若干、年齢的に女性の方が若そうデス。
男性に比べて若そうに見えるだけで当方と比べても年は相当いっているみたい。
男性は腰が少々曲がっていても歩行は自力で。
ただご自分の意思でのお出掛けは出来そうに見えない。
一瞬立ち止まり、数メートル後退りして腰かける。1分ほど休まれて再度先程の方向へと歩いて行かれた。
今は出来ても半年後、3年後は御夫婦での外出が可能でしょうか。
御主人の手を引いて行く奥様のお姿からはお二人だけでの行動は2~3年先には、とてもとても。
老々介護、介護される方の進行は急に進み介護する方も介護力が弱まり、場合によっては介護される状態にもなりかねない。十二分に起こりうること。
複雑な気持ちになりながら・・非力な自分

京都縦貫道 平成27年7月18日(土) 14:00 全線開通!予定、福知山市・綾部市、徳之島・奄美大島

京都縦貫道 平成27年7月18日(土) 14:00 全線開通!
いよいよ、あと1週間後に!往来・物流・観光に利便性が大幅に向上?
限られてた幹線道路も新たな京都縦貫道の全線開通で増強なるハズ

福知山市・綾部市の山間の集落に立ち寄ったことも何度か有りますし、また京都縦貫道の工事にも間接的に従事したことも・・
今になって思い出として懐かしくも・・
福知山市の大江町付近を通るみたい。立寄ったですネ。
福知山市は地域性から亀岡市と似た面も多いのでは?
城あり福知山城、国道9号線、地域の中核都市、水害・・
福知山市にはロケット基地も?(冗談デス)
農作物を荒らす鹿・イノシシが多い様で電気柵を張り巡らせて有った
2年後に惨事となった福知山花火大会も見物はしたが・・
福知山~亀岡市・京都市、亀岡市~天橋立(宮津市)それぞれサイクリングで往復したことも懐かしい
夜中に走行中「バタバタッ」とびっくりする足音、一瞬姿を見せて逃げ去るシカがいた

綾部市、街中を何度か・・
昔は桑畑が多く養蚕が盛んで、聞いたところ「グンゼ」発祥の地とか?
そう言えば幼い頃の我家にも桑の木が・・蚕を飼い、まゆから生糸を・・農作業の傍らに
それから数年後、父親の転勤先にては母親が昼は機織り工場で夜はせまっ苦しい自宅で奄美の「本場大島紬」を織っていた
ある転勤先では織り上げた反物を工場へ届け、次の織材料の絹糸を入手するのに隣の村(行政区)まで山越えしたことも・・
何せ交通機関が無いところにいたことも有った
当時、奄美大島・徳之島は辺鄙な地域・・せめて情報格差の小さなインターネット普及の世ならばまだしも・・
パソコン・インターネットの出現なんて大博打でないと予想出来なかった時代背景
でもネ、そんな頃あの辺鄙な故郷でも「メリヤス」「グンゼ」は知れていました。名が通っていました。
その頃の田舎には父親の背広の仕立注文取りや、恐らくは富山?の置き薬が来てましたネ
近くにはサトウキビを絞る機械の回転力動力源に「牛」がグルグルと円形に歩いていた
畑作・稲作用に鍬・鍬(スキクワ)・カマ、三又・ヨツマタなど等、使用も・・
前日の稲刈り終了後に脱穀機に雨除けの藁で覆って置いた中に、翌日トグロを巻いた「ハブ」を見つけ遭遇したことも一度あった
おっかなびっくり! 駆除のため一匹捕獲でいくらとか・・
その後ハブとマングースの戦いが鑑賞用に・・離島ブームも僅かながら
あまみ な~ちぃ~か~しゃ ソテツの・・・」

おっと、福知山市・綾部市方面の想い出のハズが大きく脱線。
失礼しました

道の駅「和(なごみ)」京都府船井郡京丹波町 | 京丹波町観光協会 にての休憩も・・

先ずは「ドッコイセ福知山花火大会 H23/08/15」を。 「動画チャンネル」ページを追加

「動画チャンネル」 ページを追加、 当方の動画サイト へのリンク紹介

動画チャンネル
      (参考)次の「福知山花火大会」の動画チャンネルは全体で650MB程です (長短の10点で)
従いまして、** データ量を考慮して通信データ量・通信料金には十分にご注意下さい **
               

ドッコイセ福知山花火大会 H23/08/15

      2011/08/15 花火大会の開始直前に強烈な雷雨が・・・、また2年後には痛ましい事故が・・・

黒電話から携帯電話、そしてスマートフォンの登場に思う

今は携帯電話・スマートフォンが普及し、昔と比べて・・・
便利になったか、時には危ない状況に身を置くことに平気で
交通量の多い交差点でスマートフォンの小さな画面を下向き
に見つめながら・・オッと、他の歩行者や車が避けてくれた
中にはイヤホンで音楽を聴きながら・・イヤハヤ、大変です

自宅に黒電話が入ったのは半世紀ほど前、中学生の頃だった
やっと入った電話だったが使うことは殆どなかった
小さな集落故、頻繁に使う必要も無かっただろうし市外通話
は料金が高かったから? 親の仕事関係での必要性から?

それより遡ること約10年、小学校入学前に姉が生家のあった
集落の小さな郵便局に勤めていた。当時は郵便局に電話交換機
があった。
手動交換機からクロスバー交換機に、そしてデジタル交換機へ
と移り行く初期の手動交換機で所謂、交換手です。
数多いジャックにプラグを差し換えて通話接続をしてたみたい
当時の故郷は終戦後のこともあり米軍の統治下にあったことも
重なってか内地(本土)へは即、通話可能とはならない。
予め通話先を申込んで相当時間、待機して相手先が通話OKに
なって、「どうぞ話して・・」みたいな感じだったのでは?

通話環境は変わり、こちらもユビキタスな状況になりましたが
10年先、30年先、50年先の通話通信環境は如何に変化?
より便利になるだけで無く、交通事故も減少させる環境に・・